タバコ
  • ホーム
  • 禁煙を挫折した人の最後の砦チャンピックス

禁煙を挫折した人の最後の砦チャンピックス

タバコを折っている女性

健康志向が進む近年、禁煙を決断して禁煙外来を受診する方も増加傾向にあります。自分の意思だけでニコチン依存から抜けることは、困難を極めると言っても良いでしょう。
そこで、禁煙外来では禁煙補助剤を処方して、ニコチン依存からの脱却を図るのです。
その禁煙補助剤の一つが「チャンピックス」です。
タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合し、快感を生じさせる物質を放出します。
チャンピックスは、このニコチン受容体に結合することで、ニコチンよりも少量の快感物質を放出させます。
それにより、イラつきなどのニコチン切れの症状を軽減させるのです。
また、ニコチンが受容体に結合するのを阻み、禁煙中に喫煙してしまった場合でも、満足感を感じにくくすることにより、禁煙を補助する効果があります。
つまり、タバコを吸っても「おいしい」と感じない体質にする、という薬なのです。
タバコを吸ってもおいしくない、じゃあ吸うのをやめようかな、という意識を持たせる効果がある薬であると言えます。
チャンピックスは、禁煙外来だけではなく、ネットショップでも購入することが可能な薬で、ガムやバッチなどの従来の方法とは違い、ニコチンを含まない禁煙補助剤としても注目を集めているのです。
そのため、循環器に持病がある場合にも用いることができます。
しかし、「禁煙しよう」と強く思えば思うほど、ストレスが溜まってしまうものです。
特に、食後やお酒の後、仕事の休憩時間などに喫煙する習慣がある方は、ついタバコに手が伸びる…というケースも少なくありません。
禁煙による禁断症状やストレスについては、医師と相談しながら進めて行きましょう。
自分のため、家族のため、他の誰かのため、チャンピックスは禁煙を決意する方々の希望となるでしょう。