タバコ
  • ホーム
  • 禁煙によるカウンターとチャンピックスのメリット

禁煙によるカウンターとチャンピックスのメリット

禁煙をした場合でもすんなりタバコをやめられることは殆どありません。
大抵の場合は何かしらのカウンターパンチがあり、それによって禁煙に失敗してしまうことがあるのです。

例えば突然強い眠気が襲ってきたり、目の前のことに集中することができない、些細なことにいらいらしてしまうなどが挙げられますが、こうした所謂離脱症状によってタバコをやめ難くなってしまいます。
しかし、離脱症状をクリアしなければ禁煙を成功することはできないということもあり、離脱症状を抑制する為の対策をしなければいけません。
そこで有用とされているのがチャンピックスです。

チャンピックスを利用するメリットがいくつかあり、まず問題の離脱症状を軽減できます。
離脱症状は喫煙によってドーパミンが放出されるところ、禁煙をしたことで放出され難くなるのが理由ですが、チャンピックスを飲むことでドーパミンの放出を促すことができるのです。
それによって離脱症状を軽減し、禁煙を継続し易くなります。

タバコの味を変化させてしまうのもメリットです。
喫煙者の脳はタバコをおいしい物と思い込んでいますので禁煙の時にも求めてしまう気持ちが強く出ます。
しかしチャンピックスを飲んでいる場合、タバコを吸ってもおいしくないと感じられるようになる為、タバコへの考え方を変化させることができるのです。
その為、精神的にもタバコを求める気持ちが弱まります。

なおチャンピックスを用いる場合、1週間ほどはいつも通りに喫煙をすることができます。
その為、気軽に禁煙を開始することができますが、ただ、いつものおいしさがありませんので徐々に吸いたい気持ちも弱くなり、自然に本格的な禁煙へと入っていくことができるのです。