タバコ
  • ホーム
  • チャンピックスを服用する際の注意点

チャンピックスを服用する際の注意点

白い灰皿とタバコ

チャンピックスは禁煙の際に使用するのみ薬です。
タバコにはニコチンが含まれており、ニコチンには快感を感じるドーパミンを放出させる働きがあります。
そのためニコチンをとらないとイライラしたり、急に怒り出したりといった症状が現れます。
チャンピックスはニコチンの受容体と結びつくためイライラを軽くしたり、禁煙中にタバコを吸ってしまった場合にもタバコがおいしいと思えなくなったりすることができます。
チャンピックスは禁煙予定日の1週間前から服用を開始し、8日目から完全に禁煙します。
12週間の服用となりますが、最初の3日目までは1日1回1錠、4日目から7日目は1日2回2錠と少しずつ量を増やしていきます。
比較的安全な薬ですが、注意点もあります。
チャンピックスを服用する際の注意点としては他のニコチン製剤と併用しないということがあげられます。
この他、副作用として吐き気や頭痛、便秘、不眠、お腹の張りなどがおきやすく、めまいや眠気がおき、意識障害などの症状が現れることもあります。
服用した場合は自転車の運転や機械操作などは行わないようにします。
また、妊娠中や授乳中、未成年、精神疾患がある、腎臓の病気がある、アレルギー症状が出たことがあるといった場合は事前に医師と相談する必要があります。
禁煙を行うとニコチンを離脱するため不安や焦りを感じたり、落ち込んだり、時には死を意識したりすることがあります。
うつ病などすでに精神疾患がある場合はさらに強く症状が出ることがあるので、そういった症状が出た場合は服用するのをやめて、処方した医師に速やかに相談するようにします。
チャンピックスは3か月かけて禁煙へと導く薬です。
体や精神面で不調が起きたときには必ず相談することが大切です。